その後のザ・ニンジャ

地獄の六騎士でアシュラマンに次ぐ人気があったというザ・ニンジャ。

ソルジャーチームで王位争奪編にも登場したが、その後は二世の中でどう描かれているのだろう。

キン肉アタルとのチームを忘れられなかったザ・ニンジャは彼と超人警察隊(ちょうじんアンタッチャプル)を結成。多くの宇宙に散らばる悪行超人捕縛に活躍する。キン肉星に攻め入ったノーリスペクトの1人・ハンゾウと対峙するが、ニンジャは心の奥底にある恐怖心から部隊の先陣を切らなかったために、愛弟子のコクモを殺される。その後ハンゾウを逮捕するが超人警察隊を解散し、以後は賞金稼ぎとして活動する。

その10年後、キン肉アタルが甥・キン肉万太郎のK.K.D修練のためにノーリスペクトを逃がしたと聞き、ハンゾウを追って日本へ向う。老いながらも未だ現役であり、得意の忍術はさらに磨きがかかっている。忍者着は肩の部分が逆立ったデザインに変更されている。京都・清水寺でハンゾウと闘うも、顔の皮を剥がされ、肉体も清水寺から転落し滅びたが、魂は生きており、ハンゾウから逃げようとする万太郎に活を入れ、自分の襟巻きを託す。なお襟巻きは万太郎がハンゾウに勝利した後、仮面が割れ焼け爛れた素顔を晒したハンゾウの手に渡る。

悪魔の種子編では、アイドル超人軍としてデーモンシードの1人・ゲッパーランドと戦い窮地に陥ったハンゾウの前に現れ、正義超人としての「折れない心」を説き、ハンゾウを勝利へと導く。