次世代おままごと

子どものころ、誰でも「おままごと」をしたことがあるだろう。食べ物やキッチン用品のおもちゃで、料理を作る遊びをした。
おもちゃはただの木やプラスチック製で、時代を追うごとにシンクから水が出たり、コンロからぱちぱち音が出るようなシステムキッチンのようなおもちゃも登場した。
KDDIが、キリンと共同開発で次世代の「おままごとキット」を発表した。タブレット端末がついていて、料理の手順が表示される。この通りにしながら、包丁で野菜を切ると、ザクザク音がする。また、鍋やフライパンを使うと、炒める音がする。
さらに料理が完成すれば、鍋からカレーなどのにおいまでするそうだ。
KDDIの狙いは、子どもの料理への興味と ITへの関心を高めることだそうだ。
販売はまだ未定だが、もし店でみかけるようになったらにおいを嗅いでみたいものだ。