重度障害生徒に教諭が体罰

大阪府立難波支援学校で今年の4月以降、”心的外傷後ストレス障害”を持った高等部1年の男子生徒(16)が、男性教諭から体罰を受けていたそうです。
手を叩かれたり、体を振り回されたりするなどの暴力を受けていました。
また、1人で食事をするのが困難にも関わらず、教諭から『給食を自分で食べろ。茶も自分で飲め』などと言われていたとのことです。
これは、ひどいと感じますね。
教育でも何でもない、ただの暴力暴言と思われます。
障害がないならまだしも、体のことはちゃんと見て、理解してあげなきゃいけないと思いました。
同級生も友人と教諭の行為について相談していたそうです。