蛍光に光るウナギの仲間を発見

2011年に偶然撮影された謎の魚がついに特定された。
鮮やかな緑色に蛍光発光する魚が野生で初めて撮影されたのは2011年にさかのぼる。ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーで米ニューヨーク私立大学の海洋生物学者であるデビッド・グルーバー氏が、カリブ海の英領リトルケイマン島で撮影していた写真に、小さなウナギのような魚が写りこんだ時だった。
その時彼が撮影した蛍光発光するサンゴの写真の中で、指ほどの体長の細長い魚はひときわ明るい光を放っていたという。クルーバー氏は「これを見た瞬間、ハッとしました。サンゴのように明るく光る魚などありえなかったからです」と話す。
この発見をきっかけに、海洋生物の生物蛍光に関する新たな研究が始まった。現時点で、生物蛍光を示す魚が180種以上発見され、驚くほど多くの海洋脊椎動物が光を操作して青一色の環境に色彩を作り出してることが明らかになっているそうだ。
なお、生物が化学反応によって自ら発光したり、発光する細菌の宿主となったりして光を発する現象が「生物発光」と呼ばれるのに対し、「生物蛍光」は、生物に光が当たった時に別の色の光を放出する現象だ。
この種の魚が人目につくことはめったになく、非常に難しいのだそうだ。4年前に偶然写真に捉えたことで、その存在を明らかにすることができた。
11月11日に科学誌「PLOS ONE」に発表されたグルーバー氏らの論文では、蛍光を放つウナギの仲間が2種特定されている。1つはイワアナゴで、もう1つは同じイワアナゴ属ではあるが、これまでに知られていない、学名もまだない魚だ。2011年に撮影された魚がどちらであるかはわからないという。
蛍光を発するイワアナゴが発見されるまで、海洋脊椎動物の生物蛍光を探し求めていた研究者はいなかった。今頃、あのイワアナゴはどこに隠れているのだろうか…。