魚食で体脂肪が減る仕組み

「魚油を多く摂ると太りにくくなる」と言われているが、魚油に含まれるDHAとEPAが体脂肪を減らす仕組みを、京都大などの研究チームがマウスを使った実験で解明したそうだ。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に17日、掲載された。
DHAやEPAは体脂肪を増やしにくくしたり、さまざまな病気を予防したりすると報告されているが、詳しい仕組みは分からなかったという。
京大の河田照雄教授らは、DHAやEPAを加えた高脂肪のエサをマウスの群れに10週間食べさせ高脂肪のエサだけを与えた群れと比べたところ、内臓の脂肪が15~25%少ない一方、「UCP1」というたんぱく質は4倍多くなっていたという。
これで魚を食べると太りにくいという説が証明された。体脂肪が気になる人は魚中心の食事を心がけてみてはいかがだろうか。