7際の娘のために59億円でダイヤ落札

スイスで行われた競売で4860万スイス・フラン(約59億4000万円)で落札された12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」は、香港の富豪が7歳の娘のために購入したものだったそうだ。落札者の不動産王ジョセフ・ラウ氏の代理人が12日、AFPに明らかにした。
ラウ氏は競売大手サザビーズがジュネーブで11日に行った競売で、「ブルームーン」を手数料込み4860万スイス・フランで落札。その直後、このダイヤを7歳の娘の名にちなんで「ジョゼフィーンのブルームーン」と改名した。
ラウ氏は、10日に行われた競売大手クリスティーズの競売でも希少な16.08カラットのピンクダイヤモンドを2850万ドル(約35億円)で落札し、やはり「スイート・ジョゼフィーン」と改名した。このダイヤはこれまで競売にかけられたクッションカットの「ファンシービビッド」カテゴリーのピンクダイヤとしては過去最大の大きさだとされている。
ラウ氏は以前にも娘のために希少な宝石を購入したことがあるそうだ。2009年には別のブルーダイヤモンドを950万ドル(約11億7000万円)で購入し、「スター・オーブ・ジョゼフィーン」と改名したと伝えられている。地元メディアによると、ジョゼフィーンちゃんは交際相手の元側近の女性との間に生まれた娘で、ラウ氏にはこのほかにも2人の子どもがいるとのこと。
ラウ氏は昨年3月、マカオで開発用地の購入のために贈賄を行った罪で本人不在のまま有罪判決を受けた。だが、共に特別行政区のマカオと香港には犯罪人引き渡し協定がないため、ラウ氏が収監される可能性は低いという。
まだ幼い娘のために数十億という宝石を購入するとは…一般庶民とは金銭感覚が違うのだろう。

米水族館、シャチショー廃止へ

米国の水族館テーマパーク「シーワールド」は9日、目玉のシャチショーを段階的に廃止する方針を発表した。このショーは近年、激しい非難を呼んでいたという。
同社によれば、カリフォルニア州サンディエゴにある全米で2番目に大きなシーワールドでは2017年から、シャチのショーの代わりにより自然に近い環境での「教育的な」アトラクションを導入するそうだ。
シーワールドに対しては、飼育環境がシャチに与える影響に光を当て高い評価を受けた2013年のドキュメンタリー映画『ブラックフィッシュ』の影響で、批判が高まっていたという。同社が運営する11の施設はカリフォルニア州を中心に入場者数が急減。同社は新たなマーケティングキャンペーンや入場券の割引などで巻き返しを図っていたそうだ。
今後はシャチが芸をするものから「自然保護」をテーマにした内容に変更するとのこと。新たなショーでは演出的な場面は減り、シャチの野生に近い動きに焦点を当てるという。ただ、ショーの中止を求めている動物愛護団体は今回の措置について、ショーの継続を受け入れやすくするためのパフォーマンスに過ぎないと批判しているという。果たして、本当にシャチのためなのはどのような方法なのだろうか…?

http://www.tricountyrail.com/