米水族館、シャチショー廃止へ

米国の水族館テーマパーク「シーワールド」は9日、目玉のシャチショーを段階的に廃止する方針を発表した。このショーは近年、激しい非難を呼んでいたという。
同社によれば、カリフォルニア州サンディエゴにある全米で2番目に大きなシーワールドでは2017年から、シャチのショーの代わりにより自然に近い環境での「教育的な」アトラクションを導入するそうだ。
シーワールドに対しては、飼育環境がシャチに与える影響に光を当て高い評価を受けた2013年のドキュメンタリー映画『ブラックフィッシュ』の影響で、批判が高まっていたという。同社が運営する11の施設はカリフォルニア州を中心に入場者数が急減。同社は新たなマーケティングキャンペーンや入場券の割引などで巻き返しを図っていたそうだ。
今後はシャチが芸をするものから「自然保護」をテーマにした内容に変更するとのこと。新たなショーでは演出的な場面は減り、シャチの野生に近い動きに焦点を当てるという。ただ、ショーの中止を求めている動物愛護団体は今回の措置について、ショーの継続を受け入れやすくするためのパフォーマンスに過ぎないと批判しているという。果たして、本当にシャチのためなのはどのような方法なのだろうか…?

http://www.tricountyrail.com/