琵琶湖で派遣社員の男女不明

滋賀県彦根市松原町の琵琶湖で、4日の午後5時45分ごろ、水上バイクに乗った男女2人が行方不明になったと通報がありました。
捜索をしましたが見つからず、午後8時半にいったん捜索を打ち切りにし、5日午前8時から再開をしています。
行方不明の2人はいずれもブラジル国籍で、滋賀県湖南市に住む派遣社員の女性(34)と40歳くらいの派遣社員の男性です。
救命胴衣は着用していたそうです。
2人は昼ごろ、友人ら約30人と琵琶湖を訪れ、午後2時過ぎから沖合で水上バイクで遊んでいました。
3時間以上たっても戻ってこなかったため、友人の女性が通報したということです。
当時現場付近は風がほとんどなく、波は穏やかでした。
2人はどこに行ってしまったのでしょうか。
事故などになっていないことを願います。
救命胴衣を着用しているそうなので、何とか元気な姿で帰ってきてほしいですね。

崩れた崖から

今年4月に発生した熊本地震では、各地の崖が崩落し立入禁止区域にしている箇所も多い。そんな中、どういう訳か16歳の男子高校生が崖から転落して死亡した。状況などから、警察は自殺の可能性もあると発表した。
場所は南阿蘇村立野の崖で、男子生徒は転落した状態で発見された。県はヘリコプターを出動させ救出すると、意識のない状態だが息はあったという。すこし経ってそのまま死亡した。
その後警察が捜査を進めると、復旧工事の関係者が、付近で1.5メートルほどの高さのフェンスに乗っている男子生徒の姿を目撃していたとわかった。
遺書などは見つかっていないというが、たしかにこの状況で事故だというのは考えにくい。夏休みという長期休暇明けのこの時期、学生の自殺が増える時期でもあるという。一体なにがあったのか。

ポケモンGO専用デバイス発売延期

海外で先行配信、ようやく日本でも遊べるようになったスマホアプリ「ポケモンGO」。歩きスマホが問題となることを予期してか、スマホを見なくてもポケモンを捕獲したりアイテムを受け取ることができる腕時計型の専用デバイスが発売されることになっていた。
この専用デバイス「ポケモンGO Plus」、当初7月末に発売とされていたが9月に延期されることになったそうだ。準備が遅れていることが原因だという。
スマホとはBluetoothで繋げ、ポケモンが現れたりアイテムが受け取れるポケストップに近づいたりするとランプがつき振動する。あとはBボタンを押してゲットするだけだ。
延期になっていたのは仕方ないとして、先に配信された海外ではすでにブームの頂点は過ぎているという。果たして発売までに今の人気が継続しているものだろうか・・・。

重度障害生徒に教諭が体罰

大阪府立難波支援学校で今年の4月以降、”心的外傷後ストレス障害”を持った高等部1年の男子生徒(16)が、男性教諭から体罰を受けていたそうです。
手を叩かれたり、体を振り回されたりするなどの暴力を受けていました。
また、1人で食事をするのが困難にも関わらず、教諭から『給食を自分で食べろ。茶も自分で飲め』などと言われていたとのことです。
これは、ひどいと感じますね。
教育でも何でもない、ただの暴力暴言と思われます。
障害がないならまだしも、体のことはちゃんと見て、理解してあげなきゃいけないと思いました。
同級生も友人と教諭の行為について相談していたそうです。

イチロー、MLB通算3000安打まであと「17」

マーリンズのイチロー外野手は現地時間の22日、ブレーブス戦に1番・ライトで先発出場しました。その結果、4打数1安打でした。
3試合連続スタメンとなったイチロー選手は、マルチ安打をマークした前日から2試合連続の安打となりました。
メジャー通算2983安打で、3000安打へ残り17本としました。マーリンズは3-0で勝利をし、連敗を2で止めました。
3000本安打達成目前となってきたイチロー選手。世界中の期待が集まります。

集中豪雨で35人死亡=25人不明

【バンジャルネガラ(インドネシア)AFP=時事】インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島の中部、中ジャワ州一帯を集中豪雨が襲い、土砂崩れや鉄砲水などで少なくとも35人が死亡、25人が行方不明となったそうです。
洪水による家屋の浸水被害は数千棟に上る。国家防災庁が19日、明らかにしました。
同州バンジャルネガラでは、土砂崩れで6人が亡くなったそうです。
別の場所では道路上のがれきを撤去しようとしていた9人が生き埋めになり、同庁報道官は「突然大規模な土砂崩れが通りの人々を襲い、9人の遺体が見つかった」と声明で述べました。

次世代おままごと

子どものころ、誰でも「おままごと」をしたことがあるだろう。食べ物やキッチン用品のおもちゃで、料理を作る遊びをした。
おもちゃはただの木やプラスチック製で、時代を追うごとにシンクから水が出たり、コンロからぱちぱち音が出るようなシステムキッチンのようなおもちゃも登場した。
KDDIが、キリンと共同開発で次世代の「おままごとキット」を発表した。タブレット端末がついていて、料理の手順が表示される。この通りにしながら、包丁で野菜を切ると、ザクザク音がする。また、鍋やフライパンを使うと、炒める音がする。
さらに料理が完成すれば、鍋からカレーなどのにおいまでするそうだ。
KDDIの狙いは、子どもの料理への興味と ITへの関心を高めることだそうだ。
販売はまだ未定だが、もし店でみかけるようになったらにおいを嗅いでみたいものだ。

時をかける少女、連ドラで復活

1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化・アニメ化・舞台化がされてきた筒井康隆作『時をかける少女』が、日本テレビ7月クールの連続ドラマとして実写化されることが分かったそうだ。連続ドラマ初主演となる黒島結菜が時を自在に行き来する能力を身に付けた少女・芳山未羽、その芳山と恋模様を展開する2122年から来た未来人・深町翔平役に菊池風磨が抜擢された。
”青春小説の金字塔”と評される原作は、これまで物語の舞台が変わったり、原作主人公の姪がメインになったり、映像化されるたびに違った切り口で描かれてきたが、今回のドラマ化では少女だけではなく、未来人ケン・ソゴル側から見たストーリーも丁寧に描く新しい試みに挑戦するとのこと。彼はなぜ未来から2016年に来たのか?現代での生活をどう感じているのか?少女のどこに恋をしたのか?といった今まで描かれてこなかった”丁寧な心理描写”を打ち出しているという。
理科実験室でラベンダーの香りをかいでから手に入れた”時を自由に超える能力”にはじめは戸惑うも、能力を使って起こる様々な出来事を通して自分を見つめ直していく少女を演じる黒島さんは、何度も映像化された本作への主演に「皆さんが知っている作品に出演できるのがありがたく、プレッシャーよりも頑張ろうという気持ちが大きい」と前向きな姿勢を見せているそうだ。
何度もリメイクされている作品だが、毎回新鮮な作品となっているので7月からの放送も楽しみだ。

11年前の医療ミス、体内からガーゼ

千葉のがんセンターで、腎臓がん患者の体内にガーゼを残したまま閉腹してしまった医療ミスが発覚しているが、今回なんと11年間体内にガーゼを残したままだった事案が見つかった。
兵庫県宝塚市の宝塚市立病院が7日発表した。11年前に乳がんの手術をうけた女性の体内にガーゼが残っていたという。女性はガーゼを取り出し、現在健康状態に問題はない。
院は、2005年の手術の際、病理診断を待つ間に止血目的のガーゼを一時的に挿入したが、除去しないまま縫合してしまったと発表。
このガーゼは、レントゲンに映らないガーゼで、本来手術には使用しないものだという。当時担当していた医師が、本来使用しないガーゼを使用した理由は覚えていないという。
今年2月に、手術部近くからうみが出た女性が同院で診察を受けて発覚した。院は再発と医療事故防止に努めるとしている。
がんセンターの事案は、1年未満だったと思うが11年とは驚きだ。他に支障がでなかったことは不幸中の幸いと言えるだろう。

バイキング、新レギュラー発表

4月4日の放送から、放送時間を50分拡大し、月~金曜日の午前11時55分から午後1時45分までの放送となる、フジテレビ系列の「バイキング」の新レギュラー陣が4月2日に発表されました。
柳原可奈子、高橋真麻を新MCとして迎える火曜日には、ヒロミ、YOUが新たにレギュラーとして加わります。
また、水曜日にの新レギュラーには、松嶋尚美。木曜日には横澤夏子、REINA、金曜日には橋本マナミがそれぞれ加わるとのことです。フジテレビの小仲正重チーフプロデューサーは、「3年目を迎えて、これまで以上に生放送を意識した番組作りを目指していきたい」と意気込みを語りました。